冷えた豚汁を火にかける旅人

テレビのインタビュー等で、「青年」のことについて聞かれたら、君はどんなことを言う?「カマイタチ」は、人によって考え方が千差万別かもしれない。
ページの先頭へ
トップページ >

涼しい火曜の昼に散歩を

浜辺がめちゃめちゃ近く、サーフィンのメッカとしてもとても有名なスポットの歩いてすぐに住んでいる。
そうだから、サーフィンをする方はものすごく多くいて、仕事の前に朝はやく少しでもサーフィンにという方も存在する。
そんなふうに、波乗りをしに行く人が多数いるので、いっしょに行こうと言われることがたいそう多かったのだけれど、毎回断っていた。
なぜかというと、私が、運動神経が悪く、泳げないからです。
だけれども、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、サーフィンをしてみたけれど行った場所は上級者が行く場所で、テトラポッドが左右に広がっていて、波乗りのスペースがごく狭い場所だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

陽気に踊るあいつと僕
3年前から、九州の南に住むようになって台風の直撃をすごく気にすることになった。
風が全然違うからだ。
長崎に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるが、台風の風が全く違う。
サッカーのゴールが動いていくと聞いたときは、オーバーだと思ったが、現実だった。
超大型台風が直撃した後は、ヤシや大木は道路に倒れ、海沿いの道はゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海沿いの家では、車のサイドミラーが破損したり、家のガラスが破損し、風が入って天井が飛んだりと嘘だと考えていたようなことを見てしまった。
真上を通らずにかすっただけでも風は非常に強く、古い家にいると家の揺れる音がとても心配してしまう。

曇っている週末の午前にお酒を

ある雪の日のこと、少年は母親からお使いをことづかって、はくさいとネギとぶた肉を買いに行くところであった。
少年はこっそり笑った。
晩御飯はお鍋だ!いやっほぅ!…と。
しかし、事件は次の瞬間に起きた。
なんと、ポッケにあるはずのおつかい用の千円札2枚が、どこにも無いのだ!
少年はお店のレジに並ぼうとする時、念のためポケットの中をまさぐって確かめてみたのだ。
そしてその瞬間、お金が無い事に気がついたのである。
怒られる覚悟を決め、少年は何も持たずに家へ向かうことにした。
今後は、お金は靴の中か靴下の中にしまおう。
少年はこぶしを握り締め、そう心に決めた。

怒って跳ねる友人と月夜
去年の休日、私は仲良しの女の子と、東京のアパートからから高速道路を利用し、由比ヶ浜に行ってみた。
理由は、私の一眼レフで夜景を撮ることだったけれど、なかなかうまく映らない。
海は久しぶりだったこともあり、そのうち靴を脱いで海に入りはじめた。
だんだん飽きて、浜辺で小さな城を作ることをしはじめた。
覚えている限りでは、それまでは、確実に近くに置いていた白い一眼。
じゅうぶん楽しんで、帰路の中、ガソリンスタンドで私の一眼がない事にびっくりした。
がっかりしてマンションまで戻ったけど、少しの間、とてもさみしかった記憶がある。
数百枚の記録が記憶されていたあの一眼レフ、今はどこにいるんだろう?

陽の見えない仏滅の朝に足を伸ばして

オフィスで関わったOLさんがいる。
少し変わった女性で、トークの内容がいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格大好きだということ。
幼稚園教諭の免許、ネイリスト検定2級、通関士。
英検1級、フランス語検定2級、そして、元キャビンアテンダント。
公認会計士まで受かったとうわさ。
さすがに公認会計士の件を母に話したら、君の聞き間違いだと思う、と言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の上司と結婚し寿退社していった。

風の無い祝日の夜明けに熱燗を
遠い遠い昔、なんとなく見た作品が、「ビフォアーサンライズ」といって、日本でのタイトルは恋人までの距離というものだ。
親戚のお姉さんに、「感動すると思うよ」と聞いた映画だ。
電車内で初めて会ったアメリカ出身のジェシーと、フランス人の、ジュディー・デルピー演じるセリーヌはほんの少しオーストリアのウィーンを歩き回るストーリーだ。
この話の構成の他とは違う所は、これという問題発起や盛り上がりがほとんど無いところ。
会ったばかりの男女が、愛することや生と死などに関してひたむきに語り合う。
その時中学校2年生の私は、経験不足で幼く、退屈だと思いながら観賞したストーリーだった。
といいつつ、昨日、偶然DVDショップにて発見することができ、昔見たなと思い借りて再び見たところ超心に響いた。
お気に入りは、レコード店でkath bloomを聞きながら無意識に見詰め合ってしまうところ。
2人の帰国の時、つまり、お別れの時、そこで最後を迎える。
見た時は心に響かなかったこの作品、時間をおいて楽しむと、すこし違った見方になるのかもしれない。
見終わった後、KATH BLOOMのALBUMを、CDショップより探し出して流している。

よく晴れた金曜の深夜は冷酒を

スタートさせたら、ものにするまでに時間がかかるものは、世間には多く存在している。
すぐにあげられるのが、外国語の習得ではないかと思う。
と思っていたが、お隣の韓国の言葉は、例外ともいえるようで、私たちが話す日本語と同じく、SVOで、なんと日本語にない音が少ないので、身に付きやすいらしい。
韓国語を勉強していた明日香ちゃんは、英語よりは確実に習得しやすいのでお勧めだよとのこと。
ちょっとだけ参考書でも読んでみようかなあ・・・と思ったけれど、どうしてもハングル文字は絵にしか見えない。

息絶え絶えでお喋りする家族と壊れた自動販売機
しかも客は、だいたい日本からの観光客という感じだったのでその雰囲気にもびっくりした。
しかも列は、ほとんどが日本人だという感じだったのでその光景に驚いた。
日本で評判なのが、韓国製の化粧品は肌に良い成分が豊富に使用されているとか。
もちろん、コスメにも感動はあったけれどショップの店員さんの日本語にも凄いと思った。
少しだけなのかもしれないが、日本語が支障なく話せている。
私は、頼りない英語を使おうと向かった韓国旅行だけど、必要ないようだった。
口にする機会が多いほど、努力あれば外国語をマスターできるということを知らされた旅行だった。

具合悪そうに泳ぐ兄さんと電子レンジ

旅行でも出張でも、韓国に行く機会が多い。
中でも、港町であるプサン。
観光ももちろんだが、特に女の人は韓国のスキンケア商品やネイル用品など興味がある方も多いのではないだろうか。
韓国人は見かけへのこだわり、つまり自分磨きへの情熱は強い。
面接や、パートナー探しの際に、日本よりもあからさまに判断するシーンが多々あるとか。
なので、韓国製のスキンケアは、肌に良い成分が日本製より多く含まれている。
そのため、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが結果は期待してしまう。

陽気に大声を出す母さんと壊れた自動販売機
きのうは、1ヶ月半ぶりに大雨になった。
ウキ釣りの約束を仲間としていたのだが、雷まで鳴ってきたので、さすがに危険で行けそうにない。
あとで外を見たら、雨が降っていなかったので、やはり行こうということになったのだが、釣りに行く準備を終えて、行ってみたら雨が降ってきた。
次の機会にと話して道具をしまった。
明後日からは晴れらしい。
なので、今度こそ予定を立てて行ってみる。
天気のよい休みにと話して道具をなおした。
明後日からは晴れみたいだ。
なので、次こそ行ってみよう。

サイトコンテンツ

サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 冷えた豚汁を火にかける旅人 All rights reserved.